​歴  史

丸孫漢字黒🄬 logo.png
MARUMAGO 緑茶 日本茶 静岡茶

創業明治38年

現在 お茶の生産量日本一を誇るまでに成長した茶処 静岡県。
その昔 1905年 明治38年 静岡県島田市(旧金谷)にて当社は茶業を開始しました。
当時から生産、製造に拘り続けその歴史は115年以上。

そして更に遡る事 1830年 天保初期の江戸時代、
浮世絵師である 
"歌川広重" と"葛飾北斎" によっても描かれ、
今尚 語り継がれている島田宿、大井川は​まさにこの島田市となります。

東海道五十三次

"歌川広重 東海道五十三次" 〈金谷宿〉

富嶽三十六景

"葛飾北斎 富嶽三十六景" 〈東海道金谷ノ不二〉

侍の世であった江戸時代が終わり、文明開化の明治時代へと時代は流れます。
明治9年に廃刀令が施行された事により、侍の時代は終わりを迎えます。
明治維新 国の近代化が進む中、侍の大和魂は心の中で生き続けました。

創業者である初代は、茶業にてその大和魂を活かす事となります。
日本茶業が発展途上だった土地から茶業をスタートさせたのです。
全く何も無かった、まさにゼロの状態からのスタートです。
当時は茶摘み、製茶まで 全てが手作業でした。 

 初代から二代目へと時代は大正へと変わります。 
近代化を目指した二代目は、山を切り開き、山道を作る事に着手します。
山の頂上 景色一面に広がる広大な茶園を作り、茶業拡大を目指しました。​
茶園作りだけでは無く、製茶機械をいち早く導入し、製品クオリティの均一化も目指しました。
人の手から機械へと徐々に変えて行く事で、生産性を向上させる事が出来ました。
これによって昭和の時代に入り、三代目からは茶園の拡大へと繋がって行きます。  

昭和から平成に時代は流れ、拡大した茶園を効率良く使う為、茶葉を刈り取る機械を大型化。
製茶工場も新設し、全自動の機械を導入した四代目。

古き良き 日本の伝統と文化を守りつつ、今の時代に合わせた新たな形で伝えて行きたい。

価値ある日本茶を価値あるスタイルで世界に発信し提案する。

令和の時代に入り 五代目へと繋がっています。

MARUMAGO 緑茶 日本茶 静岡茶

今も昔も自社茶園で栽培し、自社工場にて製造する。

その姿勢は変わる事無く 拘りを持ち 一貫して自社で行っています。

安全安心かつ高品質な日本茶を追及し続け、香り引き立つ緑茶を製造しています。

MARUMAGO 緑茶 日本茶 静岡茶

和の心、おもてなし、それら大和魂は今も尚 丸孫で生き続けています。